昨日報じられた「VF Corporation(VFコーポレーション)」による〈シュプリームコピー〉買収。アメリカ・デンバーを拠点とする同社は、aaakopi コピー
〈THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)〉〈Vans(ヴァンズ)〉〈Timberland(ティンバーランド)〉〈Dickies(ディッキーズ)〉などの親会社として知られる。これらの多くは〈Supreme〉の定番コラボレーターとして、ファンの間では既にお馴染みだろう。

その買収額は21億ドル(約2,200億円)とレポートされているが、本パートナーシップによって〈シュプリーム コピー〉は今後どのような道を歩むのか。シュプリーム コピー tシャツ“何も変わらない”というのが正解かもしれない。James Jebbia(ジェームス・ジェビア)のブランド残留は発表されているし、「VF Corp」傘下以外のブランドとのコラボレーション継続も約束されている。Jamesは今回の買収に際し次のようにコメント。「THE NORTH FACE、Vans、Timberlandなど、我々が長年にわたって協業してきた優秀なブランドを傘下に持つ世界クラスの企業であるVFに加入できることを誇りに思います。このパートナーシップは、我々の独自の文化と独立性を維持しながら、Supremeを設立した1994年以来歩み続けている同じ道を進むことを意味します」

先述したように、〈Supreme〉は既に「VF Corp」の抱える主要ブランドとは旧知の仲。〈THE NORTH FACE〉は2007年から、〈Vans〉に至っては創業間もない1996年からコラボレーションを行っている。シュプリーム コピー
Timberland〉は両者に比べるとやや遅く、2011年に「VF Corp」傘下に。同年に〈Supreme〉とのコラボブーツを発表している。近年、ほぼ毎シーズンこの3ブランドはコラボパートナーとして登場しており、これ以上コラボレーションが増えるのもやや考えにくい。強いて挙げるのであれば、今後〈シュプリームコピー〉は「VF Corp」のプラットフォームを活用できるので、販路が広がる可能性はある。Jamesのコメントを考慮すると、もし〈シュプリームコピー〉がそれを望めばということにはなるが……。今後の動向にも要注目だ。

https://hypebeast.com/jp/2020/10/supreme-the-north-face-fall-2020-collab-collection-release-infoで転載



https://kopisales.seesaa.net/article/480104828.html?1613706424
https://kopisales.pixnet.net/blog/post/30077374
http://www.ghanaschoolsnet.com/profiles/blogs/fendi-4

    全站熱搜

    aaakopi 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()